特定下請連携事業とは?

 ひとつの製品が完成品となるまで設計、加工、溶接、組立等、いくつもの工程が絡んできます。完成まで全てを自社内で賄う以外は、工程毎に外注業者との発注から納品まで一連のやりとりが必要です。  下請連携事業とは、異業種の下請事業者が数社で連携を組み、それぞれお互いの知識及び技術情報を共有しながら営業活動を行ない、受注から納品までをひとつの窓口で管理することにより(ワンストップサービス Single Window Service)、お客様の負担を軽減すると同時に、工程毎の業者個々では解決できなかった問題を知識で連携することにより新しい角度からのご提案で解決し、また連携内での正確な工程進捗管理により、納品までのスケジュールを確実に実現すると同時にお客様の生産コストを削減します。  当連携体の活動は経済産業省「特定下請連携事業計画」に平成26年2月3日付で認定されています。

 
コンテンツ
目次

2015.4.1
ホームページ開設しました。


目次

2015.3.31
チタンのものづくりページができました。


2015.3.26
SIW連携企業紹介ページ更新しました。


2015.3.20
SIWの製品づくりページ更新しました。